幼稚園教諭を目指すなら4年制大学で一種免許の取得を目指しましょう

女の人

労働者の安全を守る

勉強する男性

50人以上働く職場には、衛生管理者が必要になります。労働者の健康面をサポートしたり職場の環境を整えたりする役目があるのです。作業環境を整えることで、労働者が安全に働けるようになるため、職場にとっても重要な存在になります。勤怠状態などの管理も行なうことから、体調が悪い労働者がいた場合はサポートするのです。衛生管理者は国家資格で、専門知識や技術などが必要になります。試験の項目には一種と二種があり、働ける環境も異なっていくのです。試験を受けて免許を取得する必要がありますが、働きたい職場に合わせて選ぶようにしましょう。試験を受けるためには受験資格が存在します。実務経験を行なう必要がありますが、学歴などによって期間は変わるのです。大学や専門学校の場合は1年以上で、高卒の場合は3年以上必要になります。条件を満たすことで、試験を受けることが可能になります。二種免許の場合、金融や小売業などでしか働くことはできませんが、一種免許だと幅広い職場で働けるのです。衛生管理者を目指すなら、第一種を取得すると良いでしょう。試験の日程や、受験資格などは条件によって異なるので、しっかりと確認する必要があります。有害業務が多い環境で働く場合は、一種免許が必要になるのです。有害業務が少なく、比較的安全な職場で働く場合は二種免許でも良いでしょう。大学や専門学校で衛生管理者に必要な知識などを身に付けることができ、実務経験も短い期間で終えることができます。目的に合わせて試験対策を行なうようにしましょう。